加齢臭に合う香水

加齢臭に合う臭いって?香水は使える?

最近気になっているのが加齢臭・・・。

自分で気になるということは
他人にとっても気になることなのでは・・・?
と不安になってしまいますよね。

少しでも臭いを紛らわせたい!
と思った時に考えるのがスプレーなどではないでしょうか?

消臭機能を持ちながら、ほのかに香るよい香り・・・
というのが理想ですが、臭いが混じってしまうとひどいことになってしまいそう・・・
という心配もあります。

加齢臭対策としてぴったりの香りとはどんなものがあるのでしょうか?

合う香りと合わない香りがある

やはり、当然かもしれませんが、合う香りと合わない香りがあります。
自分の好みの香りだけど、加齢臭と混ざったら・・・
カオスになってしまうのは避けたいところ。

合う香り

加齢臭に合う香りとしては、ローズマリー、シトラス系です。
グレープフルーツやレモン系のサッパリとした臭いは
あまり嫌いな人もいないのでオススメです。

シトラス系は、香りが飛びやすいのでこまめに付け直す必要があります。
ハーブやラベンダー系はもうちょっと時間が持ちますので、
お仕事や家事で忙しい方はこちらがおすすめですね。

合わない香り

合わない香りは、ムスクなどです。サンダルウッドも控えた方が無難です。
これらは、甘い香りがムワっとしてしまいますので、
混ざってしまうと嫌なにおいになってしまうことが多いので要注意です。

加齢臭策の香水も

香水だけでなく、臭いの元であるノネナールの消臭作用がある香水も販売されています。

臭いが気になる!という方はまずはこちらを試してみるのもよさそうですね。

やり過ぎに注意!

臭いを消すための香水でも、つけ過ぎには気を付けましょう。
なんでもやり過ぎるとよくありませんし、
よい香りでも、香りが強すぎるのも相手にとっては不快になるかもしれません。

自分でもほのかに香るかな?というくらいがちょうどよいです。

香水は温度の高いところに付けるのがよいので、
まずは手首に少しつけてみましょう。

加齢臭を抑えてから香水をつけよう

香水を使うのもよいのですが、やはり根本から解決していきたいものです。

しっかりと身体を洗って清潔にしておくということも大切です。
ボディーソープやシャンプーを使い、こまめにシャワーを浴びるということもおすすめですが
なかなか難しいもの。

殺菌効果の高いボディーソープを選んで使うようにすることもよいですね。

自分ではそうではなくても、相手にとっては意外とにおっているものです。
つけすぎに気をつけながら香水も選んでいきましょう。

 

加齢臭の対策あれこれ

加齢臭を予防する方法はどのくらいある?

女性でも男性でも、年を重ねるごとに加齢臭が気になってきます。

自分もなんだか臭う気がする・・・
他人に指摘されて気付いた・・・

と様々ですが、対策を行っていくことで心配を減らしていくことができます。

簡単にできることなど、やってみたい予防方法をご紹介していきます。

加齢臭を防ぐ方法あれこれ

皮脂をこまめにふき取る

加齢臭の原因は皮脂腺からでている「ノネナール」とという物質になりますので、
皮脂をこまめにケアして、臭いを元から防ぐということが効果的です。

・朝起きてシャワーを浴びる

・汗ふきシートでふき取る

ということで防いでいくことができます。
要は清潔に・・・という感じですね。

また、お風呂はしっかりと湯船につかるのがおすすめです。
湯船につかって汗をかくことで、皮脂の汚れを洗い流すことができます。
身体を洗う時はゴシゴシではなく、優しく洗うようにしましょう。

ボディーソープやシャンプーを見直す

普段お使いのボディーソープやシャンプーでもきれいになりますが、
加齢臭対策用のものも販売されています。

それらには、柿渋エキスや茶エキスなどが含まれていて、
「ノネナール」を消臭してくれます。

ちょっと割高だけど、効果があった!という口コミも多いので
まずは試してみるのもよさそうですね。
効果には個人差がありますので、自分と同じような状況の人、年代の人の口コミも参考になりますよ。

高いものがいいということでもありませんので、
自分に合うものを見つけるということも大切です。

加齢臭は耳の後ろや頭皮からも出やすいので、
シャンプーも対策用に変えてみると効果が期待できますよ。

リンスインシャンプーなども発売されていますので、チェックしてみて下さいね。

加齢臭は衣類にもつく

加齢臭は、知らないうちに衣類にもうつっています。
加齢臭の人が脱いだ衣類があると、そこで臭いを発しているので分かったりします。

臭いが落としきれていないまま着ると、更に臭いが発生・・・
ということになってしまうので気を付けたいですね。

消臭スプレーをする、衣類はマメに洗うなどの対策を行っていきましょう。

消臭スプレーも、加齢臭対策用が販売されています。
加齢臭に特化しているので、こちらも期待できますね。

まとめ

いかがでしたか?
色々な方法がありますが、臭いの素をなくしていくということは共通していると思います。

身体や衣類をこまめにキレイに清潔に保っていくことで、或る程度の改善が期待できるでしょう。

 

臭いの原因となる食材

汗が臭い?!臭いの元となる食事を食べてない?

汗やワキガや体臭・・・。

いろんな臭いがありますが、そのいろんな臭いが混ざってしまうと
他人にとっては不快に感じるものかもしれません。

自分自身の臭いってあまりわからないけど、気になりますよね。
年が上がると加齢臭だって気になるようになるし、
臭いの悩みは尽きない・・・というより増えていく気がします。

今回は、体臭が気になるけど、NG食材はあるのか?ということについてご紹介していきます。

体臭予防になる食材もチェックしていきましょう♪

臭いの元となる食材は?

実は、食べ物が原因で臭ってしまうことはあります。

分かりやすいのはニンニクの口臭でしょうか。
体臭とはちょっと違いますが、ニンニクを食べたらわかりやすいですよね。

また汗臭いというのは、皮脂から出た汗と殺菌が混じって臭うようになります。

皮脂は食品によって影響を受けやすいとされています。

・油っこいもの(揚げ物など)

唐揚げっておいしいですよね。

でも、この揚げ物が臭いにとっては曲者なんです・・・。
脂質をとると、体内で酸化しやすくなってしまいます。
それが臭いの原因となることも・・・。

脂っこいものが好き、ラーメンはやめられない!という方も多いと思いますが
ちょっと控えめにすることをオススメします。

・アルコール

アルコールを取りすぎると、体内で分解が間に合わずに追ってしまうことになります。

二日酔いの人ってちょっと臭ったりしますよね。

ビールや日本酒が臭いにつながりやすいとされていますので、
ドキッとした方は気を付けていきましょう。

・肉の食べ過ぎ

お肉を食べるのが幸せ♪という方も多いでしょう。
これもやっぱり食べ過ぎてしまうと体臭の元となってしまいます。

野菜も一緒に、しっかりと食べるようにしましょう。

 

腸内環境が悪いと臭う?!

また、腸内環境が悪くなってしまうと、異臭を放つようになります。
便秘や下痢で、腸内環境が崩れてしまうと、臭いやすくなります。
アンモニア臭のような感じになるので要注意ですね。

臭い予防に効果的な食材は?

臭いが気になる場合は、どんな食材がオススメなのでしょうか?

それはズバリ野菜です。
緑黄色野菜がおすすめなので、どんな野菜がいいのか分からない場合は
色の濃いめの野菜を食べるようにしましょう。
ほうれん草や人参、パプリカピーマンなどです。

他にもキウイやいちご、オレンジなどは抗酸化作用がありますので
食べるようにしたいですね。

身体の中からキレイになって、臭いの予防をしていきましょう♪

 

臭い対策グッズ

臭い対策グッズのおすすめは?

加齢臭やワキガ・・・

体臭についてのお悩みは意外と多いです。

色々なグッズも販売されていますので、上手に使いながら対策していきたいですよね。

今回は、体臭が気になる場合の対策グッズについてご紹介していきます♪

体臭対策のおすすめは?

体臭対策っていってもどんなことをしたらいいのか分からない・・・

と思っている方も多いのでは?そんな時は気になる部分に塗るだけでOKの商品もたくさんあります。

ワキガかも・・・?と心配な方は脇へ塗るだけで臭いの発生を抑えてくれます。

オススメは「クリアネオ」「デオシーク」「ノアンデ」といった商品になります。

クリアネオは、口コミの評判もよく効果を実感した!という方も多くて人気です。

どの商品もネットで購入できますので、レジの目が気になる・・・という方へもオススメですね。

定期便ならコスパもよし

定期便にすると、5000円以内で購入できるし、送料無料、コスパもよいと思います。

単品で注文すると割高なので、定期便で購入して解約する、というのも手ですね。

ノアンデの解約方法についても知っておくと安心ですね。

調べてみると、どれも初回から解約できるので、お試し感覚で使ってみるのもよさそうです。

消臭成分もしっかりと入っていますので、いちど使ってみるとよいと思います。

それぞれの口コミもチェック!

色々なサイトで口コミもチェックしてみましょう。公式はいいことばかりなので、個人のサイトなどがオススメですよ~。

売り上げが多いのがクリアネオでしょうか。
口コミもまずまずで、デリケートなにおいに気になっている方へ人気です。

デリケートゾーンへ使えるのも嬉しいポイントです。

また、特典として衣料消臭剤もついていたりするので、お得感もあるようです。

返金保証もあります

使ってみたけど、効果はイマイチ・・・。臭いが消えてる気がしない・・・。
高いお金を出して買ったのに、もったいない!効果には個人差があるものです・・・。

という場合は、返金保証もあります。手続きは必要ですが、お金が返ってくるのは嬉しいですよね。
そのお金で、新たな別の商品をお試しすることもできます。

オペレーターの方に引き止められたりすることもありますが、解約も割とすんなりできますので、
期間内であれば返金手続きも取りましょう。

効果はやはり人によって違いますので、まずは一度試してみるということが大切といえるでしょう。
自分に合うものが見つかると自信も持てるようになりますよね。

 

 

男女の加齢臭の違い

加齢臭の男女の違いはホルモンのせい?

加齢臭と言えば、男性に多い・・・

と思いがちですが、女性にもあります。

女性の方がにおいに敏感とされているので、気になる方は多いのかもしれません。

男性は、「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」と分類される臭いがありますが、

女性は?

加齢臭に違いはあるのでしょうか?

女性にも加齢臭はある

女性にはないと思われがちですが、女性でも加齢臭が出てきます。

加齢臭には、ホルモンが大きく関係しています。

男性ホルモンは、皮脂をたくさん分泌させます。
臭いのものととなる成分も多くなるので、汗と混じって加齢臭のような臭いになります。

女性の場合は、女性ホルモンが抗酸化作用が強いので、
加齢臭になりにくいとされているわけなんですね。

でも、女性のホルモンには変化があります・・・。
そう、年と共に、女性ホルモンの分泌が少なってきますよね。
閉経すると、臭いがでやすくなると言う傾向があります。

女性の方が気にならないわけは?

でも、男性よりも女性の方が気にならないなぁ~と感じる方も多いのではないでしょうか?

それは、一般的に女性の方が自分の身の回りに気を配っているからとも言われています。
女性の方が、臭いに敏感なのもあるでしょうし、
清潔にしたりこまめに着替えたり、香水を使ったりとケアをしているから
気づかれにくい、ということもあるようです。

女性は、生理の前や生理中に臭いが気になることも多いようです・

生活の乱れが加齢臭を招くことも

また、生活習慣にも関係があります。

お酒などのアルコールやタバコが好きな方は、加齢臭の臭いが混ざると強烈なにおいになってしまうこともあります。

汗とタバコが混じるとちょっと辛いですよね・・・。

加齢臭が気になる方は、生活習慣にも気を付けて、臭いのケアをしていきたいところです。

抗酸化作用のあるオススメ食材は?

生活習慣をちょっと意識して変えてみようという方は、食事も見直してみませんか?

抗酸化作用のあるとされる食材を使ってみるだけでも、変わってきます。

りんご、ブルーベリーなどのポリフェノールもオススメです。
食後のデザートに追加して食べていきましょう。

他にも、乳酸菌は腸内環境を整えてくれます。ヨーグルトやチーズ、納豆などですね。

食物繊維の多いきのこ類や海藻類、ごぼうなどを食べて老廃物を出していくことも効果的です。

特に変わった食材はありません。

イヤイヤで食べると続かないので食べやすいものから食べるようにしていくのがオススメです。

 

 

 

 

ボディーソープ

加齢臭の予防グッズのおすすめは?

加齢臭って、自分では気が付きにくいけど、人のは気になるものです。

加齢臭だけでなく、ワキガなどの体臭もあるし、臭いは目に見えないので分かりにくいものですよね。

もしかして自分も・・・?

って気になる場合は、予防グッズを使ってケアしていきましょう。

加齢臭を抑えるボディーソープ

いつも使っているボディーソープを加齢臭対応のものに変えるだけでケアできるので手軽ですね。

臭いを抑えるのも大切ですが、キレイに洗い流していくのも重要です。

一日の終わりにすっきり洗い流していきましょう。

ボディーソープの選び方

加齢臭などの臭い対策としておすすめなのが抗酸化物質が入っているものです。

角質や皮脂が酸化してしまうと加齢臭を引き起こす原因となってしまいます。
抗酸化物質で、酸化を防いでいくことが対策となります。

抗酸化物質ってなに?

っていう感じですが、具体的にはカテキンタンニンといったポリフェノールがおすすめです。

臭い対策としてもどこかで聞いたことがあるワードではないでしょうか?

「茶カテキン」「柿タンニン」というものが入っているものをチョイスしていきましょう。

香りは抑えめを選ぼう

ボディーソープの香りもいろいろありますが、無臭とか微香のもの、香りとしては柑橘系がオススメです。

甘い臭いは、加齢臭などの体臭と混ざると悪い相乗効果を招いてしまうことになりかねません。

柑橘系などのスッキリした香りのものを選びましょう。

コスパも大切

臭い対策は、継続して使っていく必要もありますよね。
そんな中、大切になってくるのがコストパフォーマンスです。
高いものを買ってしまうと、どんなに良くても続けるのは大変になってしまいます。

初めて使うものは返金保証のあるものを選んだり、
ずっと購入し続けても問題ない価格のものを選ぶことも大切です。

値段がいいもの=自分に合うもの とは限りません。
万人受けするものではないので、低価格でも自分の臭いの愛称と合うものがあれば
そちらの方が絶対にオススメです。

加齢臭対策のボディーソープは通常のものよりもやや高めとなっているので、
ペイできると思えるものを選んでいきましょう。

殺菌効果、美肌効果、臭い対策・・・と色々なことに対応してくれるものが多いので
ゆっくりじっくり選んでいきましょう。

ボディーソープを変えるだけで、臭いが気にならなくなったという人もいますので、
ぜひ加齢臭対策のボディーソープも検討してみてくださいね。

 

 

ワキガ

加齢臭とワキガの違いって?

年と共に気になるのが加齢臭ですが、

気になる臭いといえば「ワキガ」もありますよね。

自分の臭いは気付かないものですが、加齢臭なのかワキガなのかも分からない・・・
ということもあるのではないでしょうか。

人に指摘されて気付くということが多いのがワキガですが、
デリケートな問題もあるので、あまり指摘してくれる人もいないですよね。

加齢臭とワキガは臭いとしては似ているのですが、原因はちょっと違います。

自分の臭いがどうなのかも見極めていきたいところです。

加齢臭とワキガの違いって?

簡単に言うと、ワキガは「体臭」です。これは元々持っている体質なので、
思春期くらいに気付き、対策をしていく感じになります。

加齢臭は体臭ではないので、体質ではないということですね。
加齢臭は、年を重ねてきた40代50代の人から出る臭いになります。

こちらは、ホルモンの低下によって少しずつ気になるようになるというのが特徴です。

対策の仕方も違います

自分はワキガだと思っていて対策をしていても、なかなか改善しない・・・
という場合はその対策が適切でないのかもしれません。

その臭いに対応する対策を取って行くことが大切といえるでしょう。

それぞれの原因は?

ワキガの場合は、アポクリン腺という汗腺が大きく関係しています。
ワキガの人にはもともとアポクリン腺が多いという傾向があります。

手術の際にもアポクリン腺を取るということが行われますよね。

アポクリン腺自体は無臭なのですが、汗をかくことで皮膚の表面の菌に分解され臭いを発生

という感じで臭うようになります。

加齢臭の場合は、皮脂線が関係しています。

皮脂腺から皮脂や脂肪酸が出て、過酸化脂質という物質と結びついて酸化することで

臭いの元ともなるノネナールが発生します。

このノネナールが臭いの原因です。

原因はそれぞれ違っていることを理解しましょう。

その臭い、どっちだ?

ワキガの人は、耳垢が湿っている、という方が多いようです。
自分が当てはまるかもチェックしてみてくださいね。

臭いの確認法ですが、加齢臭の場合は頭皮の臭いをチェックです。
枕の臭いで確認する、というのも分かりやすいですね。
(そういえば、今思えば父の枕はくさかった・・・)

ワキガの確認方法は、ガーゼを脇にあてて10分~20分挟んでおきます。
その後の臭いでツンとした臭いがするようであれば、ワキガの可能性が。

また、ワキガは遺伝する確率が高いとされていますので、
両親がどうであるかを確認してみましょう。

 

 

 

加齢臭の原因

女性も気になる加齢臭・・・原因は?

最近なんだか、自分の臭いが気になってしまう・・・と
年を重ねるごとに気になることが増えてきてしまいます。

加齢臭って、男性だけだと思っていたけど、自分も加齢臭やミドル臭とよばれるものを放っているかも・・・?

臭いって、目に見えるものではないので余計に心配になっちゃいますよね。

加齢臭は俗に言う「おじさん臭」です。
男性だけでなく、女性にも加齢臭はあります。

加齢臭の原因は?

女性の場合は、皮脂の量が抑えられているので、気にならない・・・
という場合が多いのですが、閉経をして女性ホルモンの分泌が少なくなり
男性ホルモンが多くなると発生しやすくなると言われています。

ちょうど閉経の年齢は50前後の方が多いので、納得ですすね。

加齢臭はどこから出る?

加齢臭がどこから出ているのかも気になるところです。
そこを押さえておけば、発生を抑える対策も取りやすくなりますよね。

皮脂の量が多い、耳の後ろや脇、頭皮、背中などです。
頭皮は特に臭いやすいといえるでしょう。

加齢臭がある人はどんな人が多いの?

加齢臭がある人の傾向はあるのでしょうか?

肥満気味の人、肥満体質の人

年とともに代謝が悪くなって、太った・・・という方も多いのではないでしょうか?
太ると汗をかきやすくなった、臭いが気になるようになった、という方も多くなります。

肥満の人は、中性脂肪が多めなので皮脂の分泌も多めです。
皮脂の量が多くなると、それだけ臭いのモトが増えるということになりますので
加齢臭が発生しやすくなってしまいます。

・お酒が好きな人

アルコールが好きな人も、加齢臭が出やすいという傾向があると言われています。
身体の中にアルコールが入ると、分解をするためにアセトアルデヒドという物質が分泌されますが、
それが加齢臭の素となる物質と混ざると臭いが強くなってしまうということが分かっています。

お酒はほどほどに・・・というのがよさそうですね。

喫煙する人

タバコを吸う人も臭いが出やすくなります。
タバコの臭いも混ざってしまうので、注意したいところですね。

・その他

上記の理由のほかに、ストレスなども原因となる場合もあります。
ストレスを強く感じたときに出る活性酸素が、加齢臭の素となる物質ができやすくなりますので、
ストレスを適度に発散させていくことも大切といえるでしょう。

加齢臭は、自分ではわからない場合も多いです。実は自分も・・・ということだったらつらいところ。
臭いの原因を知って、対策を取っておく、ということも必要ですね。